事件

なぜオーストラリア山火事が起こるのか?原因をわかりやすく解説

こんにちは!Curieです。

オーストラリアの山火事はブッシュファイアーと呼ばれ、年中各地に起こります。

その原因はなんでしょうか?

今回はオーストラリアの山火事(ブッシュファイアー)が起こる理由についてまとめてみました。

スポンサードリンク

オーストラリア山火事の原因は?

インド洋ダイポール現象

BBCによると、オーストラリアの山火事の原因は「インド洋ダイポール現象」という自然現象が大きく関わっているそうです。

インド洋の西側に温かい海水がたまるとそこで雨量が増え、アフリカ東部で洪水などが起きる一方、

対照的にインド洋の東側・オーストラリアの周りに冷たい水がたまり、降水が抑えられ、気温が高まります。

その結果、地面が乾燥して干ばつが起こります。

2019年はオーストラリア史上最も暑く最も乾燥した年になったとのことです。

火災積乱雲による落雷

乾いた地面は急速に熱くなり、日照時間の長い夏の時期と重なって火災が発生しやすくなりますが、

そんな環境が更に、火災の煙を熱源として発生する火災積雲を大きく成長させ、落雷を発生させる火災積乱雲を形成します。

その落雷が、また別の火災を発生させる悪循環も原因の一つとされています。

ユーカリ

オーストラリアの4分の3の森林はユーカリの木と言われていますが、ユーカリの木には可燃性の油が含まれています。

暑く乾燥した環境で、この油を含んだ葉と葉が風でこすれ合うと、発火することがあります。

可燃性燃料を抱えるユーカリの木々が、オーストラリアの森林火災を促進させていることはよく知られています。

スポンサードリンク

人為的なもの

オーストラリアの森林火災は、自然現象だけでなく、人為的なものも直接の原因になっています。

  • 放火、子供の火遊び
  • タバコのポイ捨て
  • 機械からの火花
  • キャンプファイヤー
  • マッチを誤って落としてしまう
  • 研削・溶接活動中の偶発的な点火

などなど。

ただでさえ火災が発生しやすい環境下で、こういうことが引き金になって一気に森林火災に広がり、収拾がつかなくなってしまう事態になります。

気をつけているつもりでもついうっかりっていうのは人間誰しもあるが、特にオーストラリアの夏場はそれが命取りになるってことか・・・

まとめ

いかがでしたか?

今回はオーストラリアの森林火災の原因についてまとめました。

自然災害も、元を辿れば気候変動や温暖化といった人為的な原因が絡んでいて、

その結果過去最悪の火災に発展してしまったわけですね・・・。

オーストラリアの森林火災の被害状況(地図)についてはこちらでまとめています。

オーストラリア山火事はいつから?火災被害場所の範囲も【地図】 こんにちは!Curieです。 現在も燃え続けているオーストラリアの森林火災。 ここでは、火災の被害範囲についてまとめてみま...

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。