事件

マリカー訴訟/MARI社側の主張とは?

こんにちは!Curieです。

任天堂が東京都心部の公道を走るカートのレンタルサービス会社・MARI社を不法競争行為で訴訟を起こしていた件で、勝訴したニュースが話題です。

ところで、MARI社側の主張はどんなものだったのでしょうか?

それでは、見ていきましょう!

スポンサードリンク

マリカー訴訟/MARI社側の主張とは?

MARI社側の主張は、あくまでも「任天堂のスーパーマリオではない!」というものでした。

コスプレ衣装における表現は、ただのオーバーオール等の洋服であり、恐竜や怪獣の表現としてありふれた創作性のないものであるため、マリオキャラクターの表現の本質的特徴を直接感得させるものではなく、著作権侵害にはあたらない

https://subarutomori.hatenablog.com/entry/2018/11/08/234653

これはちょっと・・・(笑)

どう見てもマリオカートのマリオやルイージ、クッパ、ヨッシーを意識しているような気がするし

それが目的で外国人観光客も利用していたように思うのですが・・・。

個人的には会社の名前も「MARIモビリティ開発」って気になるし、

しかもこの訴訟が起こった2017年当時の会社名は「マリカー」だったというのも・・・。

個人的にはどうしてもアウトだと思いますが、MARI社は今回の判決を「遺憾」に思っているそうです。

スポンサードリンク

ネット上の反応

任天堂関係ないのに会社名がMARI社ってw

MARI社「任天堂は関係ない!」
って言っても
旧社名マリカー
任天堂のキャラコスプレでカートに乗る
これで言い逃れ出来るほど甘くないわな。

MARI社は何で勝てると思ってたんだろう?

控訴したら増えた:)

まとめ

今回はマリカー訴訟でMARI社側の主張を調べてみました。

今となっては公道でカートを走らせることの是非すらTwitterで騒がれています。

MARI社は「マリカー」当初から判決を素直に認めて、

任天堂のキャラクターに拘らずに大人しくコスプレレンタルカート事業をすればよかったのにと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。