事件

山口組の抗争とは?なぜ争っているの?原因をわかりやすく解説

こんにちは!Curieです。

ここ最近、山口組がからむ事件が多発していて、抗争激化と報じる国内ニュースをよく目にしますね。

というか、なんで争ってるの?
なんか怖いよ・・・

事情を全く知らない人たちにとっては、どうして死者が出たり建物が破壊されたりするような恐ろしいことが起こっているのか、わからないですよね。

そこで今回は、なぜ争いが起こっているのか、山口組に何が起こっているのかをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

山口組の分裂

山口組は神戸に本拠地をおく日本最大規模の「暴力団」です。

組織内の勢力争いは、山口組が日本全国に拡大する過程でも繰り返し起こってきましたが、

ここでは近年に起こっている抗争事件について取り上げます。

山口組に何が起こってるの?

近年起こっている山口組絡みの事件の原因は、主導権争いです。

対立軸は、「山口組vs神戸山口組

詳しく言うと、山口組の現在の組長の出身団体で名古屋に本部をおく「弘道会(=山口組)」と、

先代組長の出身団体で神戸に本部をおく「山健組(=神戸山口組)」の対立が表面化した争いです。

山健組出身の先代の組長が引退し、2005年に現在の弘道会出身の組長が山口組のトップとなったわけですが、

一部著書で、この交代劇はクーデター的な代替わりだったという説があります。

ということは、同じ山口組でも現在の組長がトップになるのにいまだ納得がいってない人たちがいるってことだね

スポンサードリンク

抗争激化のキーマン

この「山口組vs神戸山口組」の抗争激化の背景には、現在の山口組のNo.2、若頭が大きく影響しているようです。

現在の山口組の組長(No.1)は名古屋を拠点とする弘道会出身で、

彼は、同じく弘道会出身のこの若頭に山口組を任せたいという意向があります。

2015年、山口組内で影響力が大きい「山健組」と付随する10以上の団体とともに「神戸山口組」が結成され、対立が表面化しました。

2015年はこの若頭が受刑中で不在のタイミングでした。

この裏切り行為に抗争が激化し、

2019年10月に刑期を終えて出所した若頭も神戸山口組に対して強気の姿勢を貫いていることから

一向に事態の収拾がつかないことになっています。

なぜ争うのか?

山口組抗争はもともと「同じ釜の飯を食ったもの同士」の抗争であるため、より裏切られた感も強く簡単に収束できない状況に陥っています。

https://business-career.jp/articles/iEAvcYxCNGOTgR9jHKcq?page=2

極道の組織内は厳重な上下関係があり、盃を用いて酒の酌み交わす行事を通して、本来血縁関係のない者同士の人間関係を強固にし、上下関係を特定します。

この関係性は絶対的な力を持っていて、盃を交わした者が別の組織を結成することは許されないといいます。

単なる仲間意識とか仕事仲間という軽い繋がりではないってことか

とにかく、争いに住民が巻き込まれるのはごめんだよ…

それな

まとめ

今回は山口組関連の事件について、争いの原因をまとめてみました。

実際にどんな事情が組織内で起こって今の抗争激化に繋がっているのか詳しいことはわかりません。

しかし、対立の原因が主導権争いであることと、

極道の世界には厳しい掟や縄張り意識が存在していることは間違いないようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。