王族・皇室

昭恵夫人だけじゃない!即位礼正殿の儀の世界のやばいファッション

こんにちは!Curieです。

先日行われた令和・即位の礼に参列した昭恵夫人の白い膝丈のファッションに批判の声が殺到していますね・・・。

しかし、場違いという観点はここでは一旦置き、

ファッションだけに注目してみると他にも個性的?奇抜?なドレスで参列した世界の賓客もいらっしゃいました。

今回は、即位礼正殿の儀に招かれた方々の正装を見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

昭恵夫人の白の膝丈ドレス

話題となっている即位の礼に参列した昭恵夫人のドレスがこちら。

光を集める白が視線を集めますね!

そして賛否がある袖は「ベルスリーブ」という名の袖で、ここまでのボリュームはないものの、今までも昭恵夫人はこのようなタイプの服を公務で着用されたことがあります。

ベルスリーブの服は海外の王妃も着用していて、世界的には正装として採用されているデザインのようですね。

即位礼正殿の儀に招かれた要人の奇抜なファッション

フィリピンのドゥテルテ大統領と夫人。

大統領夫人の肩のインパクトがすごい!

ちょっとガンダムっぽいと思ってしまったのは私だけでしょうか・・・。

たまに肩の部分が盛り上がっているオシャレな服は見るのですが、ここまでのものは初めて見ました。

こちらはエストニア大統領のドレスです。

ツバメちゃんがいっぱい!!かわいい!!

燕はエストニアの国鳥なんだそうですよ。

こういうかわいいドレスを正装として着れるのはいいですね〜!

こちらはモンゴル大統領の正装。

帽子とブーツがセットなんですね!

これはカッコいいわ・・・。是非とも次は馬と一緒に来てください(笑)

やはりその国の文化の正装が美しいですよね!

昭恵夫人もここはドレスではなく着物の方がよかったかもしれないですね。

スポンサードリンク

番外編

ちょっと気になったのがチャールズ皇太子の胸の勲章や記章の数。

よく付けましたな!というくらい横一列にズラッと並んでいます。

これ一枚一枚つけるのにどのくらいの時間がかかったのでしょうか。

それも多過ぎて肩幅からはみ出しているのでは・・・?と不思議な気持ちになりますが、後方に映っている方の服の黒と重なってもはやよくわかりませんね・・・。

各国要人や夫人の正装がみな膝下〜足元まである長めの丈なのですが、中にはやはり座ると膝が見えてしまう、それも白く目立つ服を着た昭恵夫人のお仲間さんもいました。

日本国民からは何かと叩かれる昭恵夫人ですが、あの場にいた世界の賓客からは浮いた存在として見られたわけではなさそうです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は話題となっている即位の礼の際の、昭恵夫人や各国の気になる正装について見ていきました。

こうやっていろんな方のファッションを見ていくのは楽しいですね。

とはいえ今回は2,000人あまりが来日されたそうで、情報量が多過ぎなのは間違いないです。

最後までお読みただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。