芸能・TV

彩風蘭って誰?元宝塚で男性恐怖症?恋愛ができない理由を調査

こんにちは!Curieです。

「踊るさんま御殿」出演の彩風蘭(あやかぜ らん)さんは、元宝塚でかわいいのにかなりの奥手で

過去にも恋愛が苦手であることを告白しています。

一体どんな恋愛事情があったのでしょうか?

今回は彩風蘭さんの恋愛ができない理由について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

彩風蘭の恋愛事情

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【彩風蘭:NTV「踊る!さんま御殿!!」3度目のゲスト出演】 元・タカラジェンヌの彩風蘭が昨年に引き続き、日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』3度目のゲスト出演が決定しました!! 2月7日(火)19:56~放送の今回は ≪鍋奉行&アク代官大集合!鍋にうるさい男VS料理下手女子SP≫ これまで“料理下手女子”・“家事ダメ女”として、実際にあったエピソードを明石家さんまさんへ披露してきた彩風。今回はどんな話を展開するのか?!どうぞお見逃しなく! ◆日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」公式HP http://www.ntv.co.jp/goten/ #彩風蘭 #さんま御殿 #元タカラジェンヌ

ヤマグチユカ【舞夢プロ】(@maimu_yamaguchi)がシェアした投稿 –

彩風蘭さんは1975年生まれで現在44歳、

結婚どころか、過去に一度も男性とデートしたことがないことを明かしています。

これはこれですごいですよね。

元宝塚だしお綺麗なので、やっぱり高嶺の花なのか・・・?と思って調べたところ

どうやら男性=汚いイメージがついている疑惑がありました。

過去放送の「さんま御殿」では、男性と一緒に鍋を食べることができず、

「唾液が入るから嫌」なので「女子鍋」と「男子鍋」で分けて欲しいという発言をして会場を驚かせました。

他にも、「キスの何がいいのか分からない」と発言したことも・・・。

これでは、男性との食事も簡単にはできそうにありませんよね・・・。

宝塚出身で男役の紫吹淳さんは、料理どころかATMも使えないという、日常生活全般に手助けがいるお嬢様という個性をバラエティーでも発揮していますが

彩風蘭さんも男性恐怖症の個性を生かして活動できそうですよね!

彩風蘭が恋愛できない理由

男性皆無の環境

彩風蘭さんの出身校・芦屋大学付属中学と芦屋大学付属高校は元女子高(2012年から共学)で、

そのまま宝塚音楽学校に入り、宝塚歌劇団に入団しています。

未婚女性に限定される環境にずっといたので、男性に免疫がないのも無理ないかもしれないですね。

ちなみに、宝塚音楽学校は宝塚歌劇団に入るための養成学校で、非常に厳しい校風入学も困難であることで知られています。

声楽やバレエ、日舞のレッスンの他、礼儀作法やマナーまで毎日みっちり叩き込まれるようです。

予科・本科の2年間、あの華やかな夢の舞台を支える力となるために、音楽や舞踊、演劇といった芸能の基本はもちろん、舞台人としての心得もしっかり学びます。
基礎訓練の習熟というのは体力的にもハードですし、面白味に欠けるところがありますが、その厳しいレッスンに耐えて頑張り抜くことが、やがて大輪の花を咲かせることになるでしょう。また同時に、本校では校訓「清く 正しく 美しく」の教えに基づいて、礼儀作法やマナーの学習も大変重視しています。これは一人の女性として、社会人としての教養を高めるのに大いに役立つものと思われます。

http://www.tms.ac.jp/about_tms/greeting.html

宝塚音楽学校のHPを見ても、いかにも厳しそうです。

そんな宝塚音楽学校の入学倍率は25倍前後(毎年1000人の受験者で合格者は40人)という驚異的な高さを誇る難関校ですが、

彩風蘭さんが入学した年は歴代最高倍率の48.2倍!!

もちろん、女子校にいても男性に興味があれば合コンに行く等、自分から男性に会いにいくことはできますが

奇跡の合格者である彩風蘭さんの場合、そんなことをしている暇はなかったと思われます。

スポンサードリンク

箱入り娘?

家が裕福で厳格な教育環境で育った「箱入り娘」は、恋愛に対してとても奥手だという特徴があります。

彩風蘭さんが厳しい教育環境に育ったのは宝塚音楽学校の校風から想像できますが、

果たしてご実家はお金持ちなのでしょうか?

宝塚歌劇団は華やかなイメージがありますが、一握りのトップスターや男役以外はとても年収が低く、

それでいて舞台に必要なメイクや衣装、アクセサリー、かつら等は全て自前で用意しなければならないので

少ないお給料でもやっていけるというお嬢様が多いようです。

又、宝塚音楽学校の入学にあたり、授業料の他に入学金や制服などまとまったお金が必要ですし、

少なくとも彩風蘭さんが受験した当時は、宝塚音楽学校に入学するための受験技術を専門的に指導する教室に通わなければ合格は難しく、その費用もかかります。

彩風蘭さんが通った芦屋学園中学・高校も、日本有数の高級住宅街である六麓荘町(ろくろくそうちょう)にあるせいか

お金持ちのボンボンが行く私立学校のイメージがあります。

彩風蘭さんの両親の家柄まではわかりませんでしたが、このような事実からご実家が相当なお金持ちであることは想像できます。

「さんま御殿」でも料理下手・家事苦手を公表しているので

もしかすると典型的な「箱入り娘」タイプかもしれませんね。

まとめ

今回は男性を知らない元タカラジェンヌ・彩風蘭さんについて調べてみました。

結婚や恋愛は、するもしないも本人の自由なのですが、

本当は恋愛がしたいと思っているのかどうかまではわかりませんよね。

今後はバラエティで活動の幅を広げるのでしょうか。

ご活躍を応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。