芸能・TV

激レアさん/坂東優毅の高校はどこ?島根愛の理由は?【画像】

こんにちは!Curieです。

2019年12月14日(土)放送の『激レアさんを連れてきた。』に、神戸育ちにして島根が大ファンの高校生が紹介されますね!

彼の名は坂東優毅(ばんどう ゆうき)さん、島根県公認のPR活動をする「遣島使」に史上最年少で任命されました。

なぜ神戸出身の彼が島根熱に目覚め、県外の彼がどうやって島根県の親善大使になったのでしょうか?

今回はこのようなテーマで、坂東さんの高校やプロフィールも合わせてまとめてみました!

スポンサードリンク

坂東優毅のwiki風プロフィール

名前:坂東優毅(ばんどう ゆうき)

生年月日:非公表

兵庫県神戸市灘区在住

坂東さんの通っている高校は兵庫県立夢野台高校、略して夢高、夢野高だそうです。

高校の名前がかわいい・・・!

偏差値60の普通科の公立高校ですが、1927年設立の伝統ある高校のようです。

生年月日は残念ながら見つけられませんでしたが、高校1年生なので15~16歳ですね。

坂東優毅が島根好きの理由

坂東さんが神戸市民でありながら島根ファンになったかというと、ずばり島根県民の人柄のようです。

小学校2年生の時、旅行好きの父親に連れられ島根県に初上陸、石見銀山を見学する際に現地の方の優しさに感銘を受けたとのこと。

早朝に訪れた石見銀山は、まだ入場時間前だった。すると、近くのおばあさんが声をかけてくれ、自宅でご飯やみそ汁などをごちそうしてくれた。「優しい人がいっぱいいる」。とてもいい印象が残った。

http://www.asahi.com/area/shimane/articles/MTW20190827331090001.html

OMOTENASHIすごい!(T□T)

見ず知らずの人を自宅に呼んでごちそうしてくれるおばあさんが世の中にいるんですね・・・!

この感動は小学2年生の今後を決定づけるほどの経験となったようです。

小学4年になると、偶然にも担任の先生が島根県出身で、そのお人柄も含めてさらに島根好きになったんだとか。

坂東少年、純粋だなあ。イイ!

スポンサードリンク

坂東優毅が島根県親善大使になった経緯

坂東さんが島根県の親善大使「遣島使」になった経緯は、中学3年の冬に学校で行われるプレゼン大会で、彼が島根県のPRをした活動が島根県広報部に知れ渡ったからだそうです。

中学の時には、坂東さんはあだ名が「島根」とつく程、既に島根ファンになっていました。

中学入学の頃には趣味の鉄道旅行で一人で島根を再訪したり、

国語の教科書に「隠岐の島町(鳥取県)」という誤記を出版社に指摘したり、

学校図書館の掲示板に島根の豆知識を毎月投稿したり、

とにかく誰もが認めるすごい島根愛なので、当然卒業前の学校のプレゼン大会のテーマも島根だったわけです。

プレゼン大会で彼は島根のPRをするため、資料の作成に島根県観光協会や県広報部に電話やメールなどで取材したそうです。

制作した資料を見てもらおうと県広報部に送るなど、こうしたメールのやりとりで坂東さんの島根愛がすごいと知れ渡り、

島根県は中3の坂東さんを史上最年少で島根県親善大使に任命しました。

親善大使って、その土地出身の有名人が任命されるイメージでしたが、完全にそれを覆したわけですね・・・!

坂東さんの将来の夢は、島根大学に進学し、島根県庁で働くことだそうです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、激レアさん。に出演する神戸出身の島根県親善大使、坂東優毅さんについてまとめました。

真っ直ぐで純粋で、素晴らしいですよね!

好きなものに全力で、これからも頑張って欲しいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。