芸能・TV

ジュース・ワールドの死因は「リーン」?効果・症状・副作用を解説

こんにちは!Curieです。

悲しいニュースですが、まさに今が旬のアメリカのラッパー・Juice Wrld(ジュース・ワールド)が21歳の若さで突如亡くなり、世間に衝撃を与えています。

心停止の原因は現在も調査中ですが、噂ではドラッグではないかと言われています。

というのも、彼は今年7月に彼女のためにやめたことを公言していたものの、「リーン」への依存症で知られていたからです。

離脱症状がキツいと言われるリーンとは、一体どのようなものなのでしょうか?

今回は、危険な薬物・リーンについて調べていきたいと思います!

スポンサードリンク

リーン(パープルドリンク)とは

リーンは紫色の飲み物

リーンとは、コデインをスプライト(炭酸水)やお酒で割った紫色のドリンクのことです。

コデインはケシから抽出されるオピオイド系の化合物であると聞けば、それが危険であることがわかる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ケシはアヘンの原料であり、それを精製すればモルヒネやヘロインになります。

カクテルのようなオシャレさと手軽さで、「パープルドリンク」「sizzurp(シズアープ)」「Texas tea(テキサス・ティー)」など様々な名称で呼ばれています。

リーンの効果(薬害)

  • 鎮静
  • 多少の鎮痛
  • 咳止め

リーンを飲むと、幸福感やリラクゼーションを得られ、まるで自分の体が浮かんでいるような夢のような気分になるそうです。

これはコデインが中枢神経系に作用し、鎮静効果で脳の活動を遅くさせることによるもので、その結果ふわふわした気分になると言われています。

また、モルヒネが医療利用されている通り、多少の鎮痛効果もあるそうです。

又、ここが重要な点なのですが、コデインは咳止めの効果があり、用法用量を遵守すれば日本でも風邪薬や咳止めシロップに使用されています。

つまり、その手軽さからポップカルチャーに浸透し、国内外で人気を集めている原因にもなっているのです。

咳止めの成分を見ると・・・
「コデインリン酸塩、リン酸コデイン」
「ジヒドロコデインリン酸塩(コデイン)」
たしかに書いてある!

リーンは日本でも誰にでも作れる。
それも合法的にだ。
こいつはヤベェな。

リーン依存症による症状、副作用

用量を守れば誰もがその成分効果を享受することができるのですが、リーンは完全に法外の量のコデインを含んでいます。

その副作用は以下の通りです。

  • 幻覚、めまい
  • 極度の鎮静、意識喪失
  • 協調性の喪失
  • 体温の上昇と心拍リズムの変化
  • 吐き気と嘔吐
  • 皮膚の痒み
  • 重度の便秘
  • 呼吸の抑制

ちなみに、アルコールで割ると相乗効果で更に過剰摂取と依存の危険が高まるそうです。

スポンサードリンク

長期的な影響(依存症)

禁断症状(離脱症状)

手軽とはいえ、コデインは人体に耐性と依存性を急速に開発させるので、望みの効果を得るためには以前より多くの量を摂取しなければならなくなります。

習慣づけられてしまった人が陥る離脱症状は以下の通りです。

  • 過敏性(寝られない、発汗、落ち着きのなさ)
  • 喉の渇き
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感

これらの症状の凄まじさは有名で、死亡する例もあります。

安易に使用することは絶対に避けましょう。

その他長期的な影響

  • 過剰摂取による肝臓の損傷
    • 急性肝不全
  • 記憶喪失、認知障害
  • 永久精神病
  • てんかん

リーンで亡くなった有名人

リーンの過剰摂取と長期使用による合併症のために亡くなった数々のラッパーがいます。

  • DJ Screw
  • Big Moe
  • Pimp C
  • Fredo Santana

ジュース・ワールドの死因はまだ判明していませんが、このリストに名前が載らないことを祈るばかりです。

依存症で知られる有名人

又、リーン中毒として有名なラッパーもいます。

  • リーンを流行らせた大元と言われるラッパーのFuture(フューチャー)
  • 「Drug Addict」という曲まで堂々リリースしているラッパー・Lil Pump(リル・パンプ)
  • 「PURPLE WAVE」というリーンにまつわる曲をリリースした日本人ラッパーのCz TIGER(シーズ・タイガー)

リーン流行の元となったFutureは、脱リーンを公表し流行らせたことを後悔しているそうです。

楽曲を発表することも、こうした公言の一種なの?

それはわからん。

まとめ

いかがでしたか?

今回はJuice Wrld(ジュース・ワールド)が依存していた「リーン」についてまとめてみました。

発泡スチロール製のカップ(ダブルカップ)をラッパーが持っていたら、だいたい中身はリーンだと言われる時代が無くなっていくといいですね。

死因は明らかにされ次第、記事を更新していきます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。