芸能・TV

マイケル・ヒューズって誰?地球平面説信者で自作ロケットで宇宙を目指す

こんにちは!Curieです。

地球は平面と信じて疑わず、自作のロケットで宇宙を目指す人が「世界まる見え」で紹介されますね!

彼の名前はマイケル・ヒューズ

一体、どんな人なのでしょうか?

今回は、地球平面説信者のマイケル・ヒューズについて調べてみました!

スポンサードリンク

世界まる見え/地球平面説信者で宇宙を目指す男とは?

名前:マイケル・ヒューズ(Michael Hughes)

生年月日:1956年(64歳)(誕生日不明)

出身:カリフォルニア州

マイケルさんはカリフォルニア在住で現在64歳リムジンの運転手をしているそうです。

向こう見ずな性格で、自ら”Mad”と名乗っています。

過去にNASCAR(カーレース団体)に参加し、2002年にリンカーン・タウンカーのリムジンで31mのジャンプを達成してギネス世界記録を樹立しています。

リムジンジャンプは日本ではほぼ聞くことはありませんが、アメリカにはあります。

思った通りリムジンが悲惨なことに・・・(;ω;)

こういうのに挑戦してギネス記録を出すくらいですから、マイケルさんは本当に向こう見ずな性格なんですね。。

他にも、猫好きで猫を飼っていることや、トランプ大統領の熱狂的な支持者で、2019年のカリフォルニア州知事に立候補を表明したこと等

いろんなエピソードがありますが、

基本的には彼が地球平面説信者で、自作のロケットで宇宙を目指していること以外

あまり詳しい彼自身の情報は得られませんでした。

スポンサードリンク

マイケル・ヒューズのロケット打ち上げ挑戦記録

マイケルさんは地球はフリスビーのように平面であると信じ、地球の形を確かめようと自作のロケットで宇宙を目指すという

あまりにも無謀な挑戦で世界中で話題になり、”Rocketman”というドキュメンタリーもあります。

2014年に最初の有人ロケットを作り、上空を1分だけ飛行に成功するも、着陸後ロケットは崩壊してマイケルさんは怪我を負い、2ヶ月ほど歩けなかったそうです。

2017年には地球平面説を信じるコミュニティで資金調達に成功するも、土地管理局がロケット打ち上げを認めず、機体の不具合もあって打ち上げを中止しました。

2018年3月、打ち上げが成功し572 mの高さに達した後、打ち上げ地点から約460 m離れたモハーベ砂漠に着陸に成功しました。

マイケルさんの、着陸による大きな怪我などはなかったそうです。

本当に、独学でよくここまでやりますよね・・・!

現在はロケット打ち上げ計画を中止し、地球が平らであることを確かめるため世界中を歩いて計測しているそうです。

・・・。

まとめ

今回は地球平面説信者で自作ロケットで宇宙を目指す男マイケル・ヒューズについて調べてみました。

自宅のガレージでロケットを独学でつくるなんて、

人間本気でやろうと思えばなんでもできちゃうんですね。

60歳過ぎとは思えない野心に、思わず勇気づけられました・・・!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
ABOUT ME
アバター
Curie
大学を卒業後旅行会社に就職するも、不自由な生活に疑問を感じ退社。 自由に国内外を飛びまわれる未来を夢見て、ノートPC1台で生活できる基盤に挑戦中。 食べることと旅がすき。